CADとはどのようなもの?3つのメリットを理解しよう!


CADの意味や種類とは?

CADとは「キャド」と言われるもので、「Computer Aided Design」の略語です。「コンピューター設計支援」とも言われ、電化製品や自動車などの図面で利用されています。CADには汎用CADと専用CADがあり、それぞれ用途によって使い分けるのが一般的です。汎用CADはさまざまな分野で活用できる機能を備えていて、専用CADは建築用や配管用など専門性の高い分野に特化しています。

CADのメリット1「手書きよりも製図しやすい」

CADは、手書きよりも製図しやすいことがメリットです。手書きで正確に製図するためには、数値を計算しながら、定規などのアイテムを使って書いていきます。さまざまな手間があり、時間もかかってしまうでしょう。一方、CADはクリックで点と点を結べるため、製図する時の時間が縮小できます。線の太さなども設定できるため、太さを変えながら製図するのも簡単です。

CADのメリット2「効率的に製図できる」

CADはデータの修正がしやすく、特定の部位のみを直すことが可能です。手書きで消して書きなおすよりは、効率的に進められます。また、完成した図面も面積や寸法に整合性があるでしょう。さらに、技術を習得するまでの期間は、手書きの時よりも早い傾向があります。つまり、一人が製図できるまでの期間やコストを縮小できるのです。

CADのメリット3「情報を共有できる」

CADのデータはパソコン上に保存できるため、データの共有や管理がしやすくなります。必要な情報をメールで送ることも可能です。CADの場合、複数人が同時に製図することもできます。修正したデータも保管しておけるため、参考資料として使えるのもメリットでしょう。

水道CADは主に管路の設計や、マンションなどの建物の配管に使われています。ほとんどの場合、設計コンサルタントがCAD図を作成し、それを用いて工事業者が工事費の見積から実際の施工を行います。